雪谷行政書士事務所
〒145-0066
東京都大田区南雪谷2-7-11
TEL:03-3728-9215
携帯:090-4794-5689
FAX:03-3728-9215

TOPICS



政権復帰を諦めた民進党

岡田民進党の共産党寄りの政策が止まらない。つい最近まで消費税アップ延期反対を主張していた民進党が、恥も外聞もなく、安倍自民党総裁との党首討論で、消費税のアップ延期を提案している。税金を上げるか否かは、国家にとって一大事であり、国民生活にとって重大な問題です。それをいとも簡単に変更~それも他党の主張に合わせるために変更してしまう~この政党はどうしてこのように節操が無いんだろう。そのうちに自衛隊は憲法違反で、日米安保は廃棄する、天皇制は廃止と言い出すんじゃないか?政策を変更することは許されないことではない。世界の情勢は刻々と変化しているのであって、政策を変更しない方が危険だ。民進党のように憲法改正だけでなく、改正の議論すら認めないというのは狂気の沙汰としか思えない。そのような憲法改正に反対する政党がいとも簡単に、税政策を変更してしまう意図は、政権奪還より、憲法改正阻止(衆参両院で各3分の1以上を確保)を第一優先課題としたということを意味する。
 それ以外に考えられない。でも皆さんこれは何処かで聞いたがありませんか?そうです、旧日本社会党(今の社民党)の隠された政策と同じです。政権奪還を諦めた政党は最早政党ではない。民進党は国民の中に想像以上に自民党1強に対する懸念があり、やりようによって3~5年後に政権復帰も可能なのに、自ら其の芽を摘んでしまったと思われます。これは日本の議会政治の成熟にとっても大きな損失です。
 事ここに及んでは、政界再編が必要でしょう。共産党と民進党内の隠れ社会党〈赤松グループ〉、社民党が一緒になり共産党を中心としたグループを形成、その他の政党を民進党〈赤松グループを除いた)を中心としたグループに統合することです。民進党の「がん」は隠れ社会党の存在です。彼らは今でも自衛隊は違憲で、安保破棄、天皇制廃止を主張している政策集団で民進党がどうなろうと自分たちのグループさえ生き延びればそれでよしとする集団です。
 そして隠れ社会党を除いた政党で政権奪還を目指すべきでしょう。皆さんどう思います?

過去のTOPICS 一覧

PAGETOP