雪谷行政書士事務所
〒145-0066
東京都大田区南雪谷2-7-11
TEL:03-3728-9215
携帯:090-4794-5689
FAX:03-3728-9215

TOPICS



総裁(党首)選

自民党安倍総裁の任期が再来年で6年を迎え、そのままでは総裁の地位にとどまれなくなってしまう。しかし、これは考えてみれば、おかしな話ではないか?法律で何も禁止されていないのに、自民党のルールでそのとき安倍総理が、総理の座にあっても続投できなく自民党総裁選挙を実施し、新たな総裁が首相に選ばれる可能性が高くなる。これでは、国の法律より、自民党の党則の方が優位に立つということだ。先日の安倍総理の総裁選再選のときもそうであり、民主党が政権についているとき、野田総理が民主党の党首の任期が切れ、細野氏が、立候補するとかしないとか議論された。あの時細野氏が、立候補して民主党の党首に当選していたら、野田総理は失職してしまう。こんなバカなことをやっていて誰も疑問を呈さないということはこの国の知識人は何をかんがえているのだろうか?自民党の野田議員は党のルールは重いなどと訳の分からないことを言っている。これだけで、総理の器でないことを露呈している。
総理に就任中、党の総裁(党首)の任期が切れたときは、総理に在任中は自動的に延長されるというのが公党のあるべき姿ではないだろうか?みなさんそう思いませんか?それが嫌なら政党助成金は辞退するべきだ。

過去のTOPICS 一覧

PAGETOP