雪谷行政書士事務所
〒145-0066
東京都大田区南雪谷2-7-11
TEL:03-3728-9215
携帯:090-4794-5689
FAX:03-3728-9215

TOPICS



犯人の「笑み」

7月26日未明福祉施設で19人を殺害する残忍、卑劣な事件が起こった。その経緯は今後明らかにされるであろうと思われるのでここでは触れない。
 今日は、マスコミ各社が神奈川県警から地検に移送されるときの犯人が「笑み」を浮かべていたという表現についてふれたい。例えば100人に「笑み」という言葉は肯定的な言葉か、否定的な(よくない意味、ニュアンスを含んでいるという意味)意味かを尋ねれば、過半数、いや70から80%の人は肯定的な意味を持つ言葉と答えると思う。「えみ」を辞書で引いてみると、声を立てずに笑うこと  と書いてある。微笑むとか微笑みとかは、声は出さなくともうれしいことがあり、表情にあらわしているイメージだ。
 どう考えても19人を殺害し、20数人を傷つけ、戦後最悪の犯罪者にふさわしい表現と思えないのだが、皆さんはどう思われますか?映像で見たが、これは「えみ」などというイメージではなくもっと気持ちの悪い得体のしれない生き物の笑いとしか言いようがないと思う。これを「笑み」と表現する記者の神経が分からない。では何と表現したらいいのだろう。あえて言うなら「薄笑い」ではないだろうか?これでもあの気持ちの悪い笑いを表現するには不十分のような気がする。何か適当な表現があれば教えてほしいと思います。

過去のTOPICS 一覧

PAGETOP