雪谷行政書士事務所
〒145-0066
東京都大田区南雪谷2-7-11
TEL:03-3728-9215
携帯:090-4794-5689
FAX:03-3728-9215

TOPICS



韓国に学ぼう

 バトミントンで金メダルを取れた理由の一つに韓国からコーチを招き強化したことが挙げられるとこの欄で書いた。バトミントン以外にも韓国から学んだほうが良いことがたくさんある。28日の新聞に日本と韓国の農業生産コスト比較が出ていた。日本のほうが50%以上生産コストが高いそうだ。理由はいくつかあるのだろうが、農協を中心とする農家を食い物にする組織の存在が大きいと思う。電力料金に至っては、韓国の電気料金は、日本の3分の1の料金だそうだ。政府の料金を低く抑える規制があるとのことだがそれを差し引いても日本の半分だろう。
 産経新聞や三橋さんのように韓国のおかしなところを声高に叫んでいる人がいるが(自分もこの国はあまり好きではない)学ぶべきところがあれば大いに学べばいい。韓国から学ぶ必要がないといっているのは、戦時中に英語を学ぶのは敵性語を学ぶことで、けしからんと言ったことと同じ精神構造だ。なぜサムスンは成功し、日本の半導体、携帯電話会社は失敗しているのか?敵を十分調査し、分析し、自分の弱みを自覚し、他社の強みを参考にすることが特に日本の経営者には必要だろう。低賃金で若者を長時間こき使うことしか考えていないような5流の経営者ばかりではこの国の将来は知れている。この欄でいつも言っているようにいま日本で一番劣化しているのは経営者だ。時給1500円も支払えない会社の経営者は退場すべきだろう。みなさんそう思いませんか?それでなくても日本の製造業は最近おかしい。トヨタは、アウディに負けている。MRJの旅客機はなかなか飛べない。三菱重工の客船事業は大赤字だ。ちょっと円高になればすぐ減益。これは経営ではないとこの欄でも指摘している。
 そんなことを考えていたら今日ビックニュースが飛び込んできた。中国が航空機エンジン製造に乗り出すとの記事だ。MRjが国産のジェット機だといってもエンジンはアメリカ製だ。中国はこれを国産化しようというわけだ。20年たったら日本の航空機産業は今の半導体産業と同じ運命をたどっていることだろう。志の高さの問題だ。

過去のTOPICS 一覧

PAGETOP