雪谷行政書士事務所
〒145-0066
東京都大田区南雪谷2-7-11
TEL:03-3728-9215
携帯:090-4794-5689
FAX:03-3728-9215

TOPICS



尖閣諸島

 テレビで中国の漁船及び中国の公船が大量に尖閣諸島の日本側領海及び接続水域に入り込んでいるとのニュースが報道されている。
その狙いは大きく言って二つあると思う。まづ第1は新防衛大臣稲田氏に対する挑発、牽制と考えられる。第2は日本国に対する挑発で、うまく日本が反撃でもしてくれば、日本は平気で外国の船舶に攻撃を加えてくる好戦的な国であるとのアピールができると考えている。これはハーグ仲裁裁判所の判決で傷ついた中国のイメージを日本のイメージを低下させることにより、相対的に回復させようとする狙いがあると思われる。
 この狙いからわかるように最悪の日本の対応は、広い意味での軍事的な対応を日本がすることである。逆に外国に広く現状を伝え、中国という国は、ハーグ判決を受け入れないだけでなく新たな国際法違反を始めていることをアピールすることである。これは冷たい戦争であり、情報戦争だ。一部の国会議員がもっと強硬な措置をとるよう求めているようだが、その意味が、軍事的な対抗措置を含んでいるとするならまことに稚拙な考え方であることは以上の説明でお分かりだと思います。「戦争は外交の敗北」に他ならない。我々としては、中国に発砲させることがこの情報戦争における最終的な勝利と理解すべきである。
 みなさんそう思いませんか?一部の勇ましい発言にごまかされてはいけません。政府も英語による広報活動を強化するといっています。まったく正しい方向だと思います。安倍政権の外交は極めて正しい道をすすんでいると思います。

過去のTOPICS 一覧

PAGETOP