法人・事業のご相談

法人・事業のご相談

豊富な法律知識と実績から最善の解決方法をご提案します。

会社法において株式会社の設立は資本金1円から可能です。当事務所では、会社設立から開業後のアドバイスに至るまで、法人・個人のそれぞれの経営に沿った方法で開業を全面的にサポートします。
▶︎開業のメリットとデメリットについて

営業許可申請時の大変手間がかかる
「必要書類、申請書類作成、役所への提出」一切の手続きを代行します。
当事務所は建設業・飲食店営業・古物営業など各種許認可の手続きを専門に行っております。

また、節税対策として不動産を検討している方もお気軽にご相談ください。
 

無料相談はこちらから

建設業

建設業を営むには以下の場合を除いては建設業許可申請が必要です。

  • 建築一式工事以外の建設工事500万円未満の工事(消費税を含む)
  • 建築一式工事で下記のいずれかに該当する場合1.1件の請負で代金が1,500万未満のもの
  • 請負金額にかかわらず木造住宅で述べ面積150㎡未満のもの
  • 知事許可:1つの都道府県内に営業所を設置
  • 国土交通大臣許可:2つ以上の都道府県内に営業所を設置
  • ▶︎料金表はこちら

    宅建業

    宅建建物取引業者を営むには免許、宅建業許可申請が必要です。通常不動産屋が該当します。

  • 宅地建物の売買若しくは交換をする行為を業として行なうもの
  • 宅地建物の売買、交換・貸借の代理・媒介をする行為を業として行なうもの
  • 知事許可:1つの都道府県内に営業所を設置
  • 国土交通大臣許可:2つ以上の都道府県内に事務所を設置
  • ▶︎料金表はこちら

    不動産

    都心エリアのマンションも節税(相続税・所得税)対策として有利です。
    タワーマンション投資も租税回避行為にならなければ効果は不変となります。
    遊休不動産は早く売るする必要があります。
    不動産投資は人口減少エリアでは難しく、
    23区以外は余程立地が良くないと回収できません。
    投資利回りが良くても、地方の物件は買わない方が安全です。
    ▶︎保有すべき土地について

    PAGE TOP